コンセプト

なぜ味噌屋の郡山鈴木食品なのに、
ドレッシングとスープなのか?

かつて私たちは、
味噌と醤油の製造をしていました。

もう20年以上も前のことです。

当時の考え方としては、

味噌の栄養素が高いこと、

そして、
味噌汁に野菜を入れることで

不足しがちな野菜も
おいしく取り入れることが
できるのではないか。

そんな想いがあって
味噌を必死に作っていました。

そんなある日、

私の母が大腸ガンと胃ガンに
襲われました。

忙しい日々で
ごはんを食べる時間を

犠牲にしてまで、
働くような母でした。

食物繊維が
足りなかったようです。

ちょうどその時期に、
私は新しい家族を持ち、

子どもを授かりました。

母の病気と子ども誕生…

その機会に、私の考え方が大きく変わりました。

どんなに忙しい日々でも、

毎日の食生活が楽しみになるように、

簡単に、そしておいしく

食物繊維などの栄養素を
取り入れることはできないか。

そして、
次世代の子どもが野菜嫌いでも、

野菜を取り入れることはできないか。

そこでシンプルに思いついたのは

食物繊維の高い
わかめや昆布などの『スープ』

野菜をおいしく
食べるための『ドレッシング』でした。

これが今、
ドレッシングやスープを
必死に作っているルーツになります。

郡山鈴木食品が目指すのは、

毎日の食生活が楽しく、
簡単においしくなるための手段を生み出すことです。